絵描いたり何か作ったり…ウェイクしたり…うたってみたり…
by puuchaimio
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:サンシン( 13 )
予定外。
今年も!? 夏時期は海があるから、サンシンのお稽古には殆ど行けていなくて。
だから、9/26に老人ホームへの慰問があって、そのためのお稽古も全く一度も行けてなくて。
でも、慰問日の2日前、先生の、
「出るでしょ!」
という強い言葉に、
「No!」
と言えず、本番だけ参加…。
e0130528_9184986.jpg

↑突然の参加で、着るもの揃える暇もないわたしは、同じ研究所の、慰問に参加しない女の子から、ムイチャ〜(着物!?)を借りて、今、洗って干してます。

午前中、海に出てて、慌てて駆けつけたわたしに、本番直前、舞台進行がどうなってるか教えてくれた仲間友達。
「踊りもあるよ」
って言われて、超驚くわたしに、10分で踊りを教えてくれたり。
着付け!?(帯を巻いてくれた)をしてくれた、同じ一門の先生。

みなさま、お世話かけてスンマソン!
お稽古出てなくてスンマソン!

慰問は、稽古なしで本番だけ参加したわたしが悪いんだけど、みんなの足をひっぱらないよう、集中して事にあたったので、超疲労。
印象的な初舞台かしら〜。
[PR]
by puuchaimio | 2010-09-26 23:18 | サンシン
海に行かない日。
台風に囲まれ、天気が崩れてきたから、久々、三線の先生のおうちへ、三線持って行った。
先生んちは、ちょこちょこ行ってたけど、三線持って先生んち行くのは、2ヶ月ぶりくらいか…。

先生が買ってきてくれたアイス(北海道のあずき+練乳たっぷり、かき氷)を食べながら、ゆんたくして、来月の老人ホーム!?での慰問ライブの曲を教えてもらっちった。(慰問ライブに出るかは未定だけど!)
e0130528_15544028.jpg

↑「遊んでばっか、いるんじゃないわよ〜!」と叫ぶ、うちのねこ。

[PR]
by puuchaimio | 2010-08-29 22:52 | サンシン
課題曲。
6/27にある八重山古典民謡コンクールの優秀賞の部の課題曲が、
月夜浜節と小浜節に決まっちゃった。
練習しないと…。(今からか!?)
わたしの弾く順番は、50何人中17番目。
午前中だわ。
着付けの時間が早いわ。
遅刻もコワイ…。

[PR]
by puuchaimio | 2010-06-05 18:09 | サンシン
キンキン。
今日は、今年から月一?
(去年まで、3、13日とか3の付く日だったみたい)で、
研究所のみんなで集まって、
習いたい曲をみんなで稽古しましょう? という日。

この日、弾かれた曲は、サンシンを初めて
9ヶ月のわたしには、聞いたことない曲が殆ど。

後半は、先生が、
「“ゆんた”しなさい」
と言い、ゆんたの練習になっちゃって、
「ゆんた、とは? じらば、とは?
 あよう、とは? しょうら、とは?」
なわたしは、三線放り出して、本見て何歌ってるのか
追うだけで精一杯。
e0130528_1129893.jpg

初めての曲を何曲もやられて、
頭の中、キンキン、キシキシ、きしむ音。
最後の方のことは、まるで頭に入らないし、
帰りの車の中では、何の曲を稽古したのかも思い出せない。
正座とペシャンコ座りを繰り返して、足までお疲れ。

生徒の中で、わたしが一番ペーペーで、一緒に稽古した
みなさんは、優秀賞やら合格済みの先輩ばかりで。
みなさんの教科書?は、とても使い込んであって、
わたしのは、殆ど真っ白、キレイ〜(@_@)

※ゆんた → 労働する時に歌われてた曲で、
       男女交互に歌ったりらしい。
       労働作業中だから、三線なく歌だけ
       とか言ってたかな…。

[PR]
by puuchaimio | 2010-01-25 23:28 | サンシン
新年会。
2日の夜は、わたしの行ってる民謡研究所の新年会へ。
特別、寒い日じゃないけど、鍋が3種類も並んでた。
鶏スープ+海鮮、味噌?+イノシシ、塩スープ+海鮮。

わたし、鍋の経験、殆どなく、みんなが美味しく鍋作る?の、新鮮で見。
色んな鍋、食べて良かったんだけど、
鶏スープ+海鮮鍋の前に座ったわたしは、それしか食べなかった。
[PR]
by puuchaimio | 2010-01-03 16:52 | サンシン
八重山古典民謡コンクール発表会。
今年6月に行われた、八重山古典民謡コンクールの発表会がありやした。
新人賞に合格したわたしも参加。

発表会前日から、台風20号の影響で、大雨、洪水警報の中、地謡稽古。
当日は、朝5時起きで台風対策。
大雨、洪水警報の中、着物の着付けや、リハーサルで大わらわ。
発表会終了は、夜9時過ぎ。
着物外して、10時半ぐらいから打ち上げ。
寝たのは、朝4時。

6月のコンクール受験も凄い疲れたけれど、
それに勝るとも劣らず、発表会も大変(>_<)

これは、本番中、フィナーレ出待ち時、先生と。
e0130528_11111762.jpg

来年は、どうなるかな〜。

[PR]
by puuchaimio | 2009-10-24 23:10 | サンシン
チケット。
6月に新人賞に合格した八重山古典民謡コンクール
合格者による発表会があって、そのチケットのわたしの分。
e0130528_13265790.jpg

行きたい、行かれる友達にあげる予定だけど、まだ余る。
「行きたい人、あげるよ〜(勿論タダで)」
と言っても、このブログを見てくれてる友達は、みんな八重山以外の人だもんな。
よっぽどの八重山古典民謡好きじゃなきゃ、来ないわな。
そんな友達居ないし、わたしも、そんなんじゃないし。
誰か、あげる人、探さないと〜。
いざとなったら、アパートの各部屋のポストにでも入れておくか!?

[PR]
by puuchaimio | 2009-09-23 13:27 | サンシン
コンクール。
どっかの姐さんでも、どっかのママでもありません。
e0130528_8423933.jpg

八重山古典民謡コンクール(サンシン)の新人賞(部門名)を受けた時の姿。

33度の石垣の日差しの中、和装で受験? なんて、きっつ〜い、ひっど〜い(>_<)
受験だけで疲れるのに、疲れ倍増(#_#)
でも、何とか合格したので、まわりの人々に感謝です。

だいたい今年3月から始めたサンシン。
今年初めまで、民謡とか無縁と思っていたのに、こんなになって。
「こんな世界もあるのね〜」
という思い。

ここ1週間か、そこら、疲れました…。

[PR]
by puuchaimio | 2009-06-21 23:39 | サンシン
“節”だらけ。
2月の半ばから、サンシンを始めたわたし。
デンサー節 → 鷲ぬ鳥節 → 鳩間節 → 鶴亀節 → 千鳥節 → 安里屋節
と習って、次は、
夜雨節 → 弥勒節
だって。

何だか、“節”ばっかり。

弥勒節にオッケーが出たら、自分が弾いてみたい曲がいいな〜と思って、先生のおうちで楽譜をコピーしたら、“月ぬ美しゃ節”、“つぃんだら節”、“白保節”と、これまた、“節”がついている…。

“節”のつかない曲って、あるのかな?
今度、先生に聞いてみよう…。
[PR]
by puuchaimio | 2009-04-07 20:54 | サンシン
ボイスレコーダー
ボイスレコーダーと縁があるなんて、想像もしたことなかったのに、
サンシンのおかげで買いました。
唄を覚えるために、新しい曲もっらった時、先生の唄を入れて持ち帰る用。
e0130528_9193164.jpg

内地の生徒さんは、指くらいの小さい高性能のものを持ってるけど、
パソコンに繋ぐこともないし、使い方を色々覚えるのが難儀なわたしは、
初心者でも使える、ちょっと大きめのシンプルさん。
携帯電話で言うと、シニアでも使えるデカ画面デカ文字デカボタンって感じかしら…。
おばさんを通り越して、おばぁちゃんになった気分がする近頃のわたし。

[PR]
by puuchaimio | 2009-03-24 09:17 | サンシン